FC2ブログ

ゼルダの伝説 夢を見る島リメイク

GB版ゼルダの伝説 夢を見る島リメイク
GB版はシステムがSFCベースだった為、唯一の難点は2ボタン製であったこと
そしてじっくり遊べる携帯機だった為、アクション要素が減りパズル要素に比重を置いた作り
その結果ギミックを動かすたびにアイテムを切り替える必要があるのですが
毎回メニューを開かなくてはいけないのでストレスMAXでした
ギミック切り替え、装備切り替え敵を倒し、次のギミックで装備切り替え…ちょっと移動するたび毎回メニュー切り替え、メニューメニュー…もちろん十時キーで選択するという過程も挟みます
あの作りには疑問しか残りませんでした。

スイッチ版ならボタン多いですし多少楽かもしれませんね
リンクのモデルも全く新しいタイプになっていますので
GBリンクとしてアミーボ、スマブラへ…Σ(o゚Д゚o)!?

VRチャットでプチ確執騒動

VRアバターを使用し不特定多数の方と交流するVRチャット
一部のユーザー間でトラブルが起こっているそう
オンラインゲームでもリアルでもそうなのですが

1つの集団が出来ると、考え方の不一致で揉め事は必ず起こります
古参、新参、VRチャットをはじめるタイミングや目的は人それぞれですので
ルールも遊び方も違うのは必然、リアル世界と同じですね。

ゲームは面白いのに民度が云々、引退者が続出し過疎る

このタイミングで運営がどのように対処するか否かでゲーム寿命が大きく変わりますので
何とか頑張ってほしいところですね(*´ω`*)


逆転の発想 スマブラ64 大会

ニンテンドー64 シリーズ1作目スマブラ64
操作の独自性から当時はそんなに問題にならなかったのですが

シリーズ化するごとに向上するプレイヤースキル
で、初代が即死コンボゲーだったことが露に

1発当たったら終わり、1発ガードさせても終わり
ゲームバランス崩壊レベルなのですが
それを逆手にとってこんなコンテストが毎年やっている模様
即死スーパースマッシュコンボコンテスト

このゲームこんなことできたんですね
64のスティックで操作するのでレバーの遊びが無駄に大きく、かなり操作しずらいはずなのですが
極まるとここまで出来ちゃうんですね…。
スマッシュ攻撃はレバーをはじくという操作が必要、ちょー苦手です。



未来のゲーム機はクラウド型?

最近のゲームは50GB 100GB とんでもない容量になって来ています
インストールが大変だから遊ぶゲーム控え、面倒、積むという流れになりがちなのですが
マイクロソフトの最新ハードはクラウド型も出るような噂!?

クラウドゲーム機の場合は本体自体はカッスカスなのですが
最新ゲームをプレイできる、マイクロソフトのサーバーで動いているゲームを
リアルタイムでモニタに投影しプレイする、中継マシンという立ち位置

sonyプレイステーションのPSNOWが既に実用化しているのですが
こちらは旧タイトル限定、月額製
ただ現状流行っているとは言いがたい感じ

マイクロソフトがクラウド専用マシンを出すとしたら
ニンテンドースイッチのようにモニタがついてXBOXコントローラーを繋げられる方式になるのかな!?、同時にパソコンでも完全対応してきそうですね、夢が広がリング

完全クラウドゲームだったら問題になっている不正プレイチートも絶対起きません
ハードの性能差による優劣もなくなります(PCプレイ時)

ただ通信速度、遅延を考えるとまだ時代が早すぎる気もするので
ライト層向けのハードになるのかなと思ったり





娘のためにパパが作った魔界村 バトルプリンセス マデリーン発売

魔界村の主人公になりたい、そんな5歳の娘の願いをかなえるべく
パパがカンパを募り製作していた魔界村アクション
ついに発売された模様です
娘へのクリスマスプレゼントのためこのタイミングなのかもしれませんね

レビュー超フルボッコですけど…
買います(ง •̀ω•́)ง✧
PS4かsteamかどちらにしよう(*‘ω‘*)?


FC2カウンター

アクセスカウンタ

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
プロフィール

ISAmu.

Author:ISAmu.
ゲーム製作、イラスト、話題のものなど多種にわたる記事を書いています。本業は絵描きさん

■同人制作物リンク
注文の多い風俗店VR風味後編 注文の多い風俗店VR風味前編 SAKURA Town 三丁目の男 釈我-SYAKUGA-ver1.08b 女帝囚人H 特盛じゃ 支廃人 TA-boo.ver1.2 廃鉄少女Extra Edition
リンク
最新コメント
カテゴリ